構造主義の理解のための理論と哲学キーワード

このページは、構造主義に関する文献を読むときに良く出てくる言葉を簡単に説明したものです。ほかにもいろいろとあると思いますが、構造主義を知ったかぶるためのこちらの文章を記述するときに拾った言葉ですので、合わせてお読みいただけると幸いです。

構造主義の背景となる理論とか哲学とか・・・このページ
前構造主義(マルクス/ニーチェ)2.構造主義の四銃士(フーコー/バルト/ラカン/ストロース)・・・こちらのページへ

「構造主義の理解のための理論と哲学キーワード」続きを読む

構造主義・知ったかぶり

 この文章は、二十世紀の100年間に渡って人類の世界観の基礎となった「構造主義」を概覧することで「ポスト構造主義」を理解したり、インターネットとグローバル化された時代を渡っていくためにやがて現れて、人類共通のものになるであろう「次の世界観」を受け止めていくための準備として自分自身のためにまとめたものであります。
 「いや実は構造主義って言葉、良くわからないまま使っているんですよねぇ、えへへ」と感じている、そこの貴方にも参考になれば幸甚であります。
 なお、構造主義を語るときに使われる言葉をいくつかまとめて別のページにおきましたので、そちらのほうも参考にしていただければ幸いです。

1.前構造主義(マルクス/ニーチェ)2.構造主義の四銃士(フーコー/バルト/ラカン/ストロース)・・・以上このページ
3.構造主義の背景となる理論とか哲学とか・・・こちらのページ

参考文献
 内田樹「寝ながら学べる構造主義」文春新書,文藝春秋,2002/6/20
 橋爪大三郎「はじめての構造主義」講談社現代新書,講談社,1988,5,18

内田樹による構造主義終焉の様相

いずれ構造主義特有の用語(システム、差異、記号、効果...)を使って話すことに「みんなが飽きる」ときがやってきます。それが「構造主義が支配的なイデオロギーだった時代」の終わるときです。

「構造主義・知ったかぶり」続きを読む

  • entry91ツイート
  • Google+