PESOモデルで見たCC Landscape

CC(コーポレートコミュニケーション)において、企業が発信する情報は、さまざまなルートを通ってステークホルダーに伝わる。
その流れを大きくPaid,Earned,SHared,Ownedに分けて考えていこうとするのがPESOモデルである。
ここでは、PESOモデルの情流構造に存在するプレーヤーについて考察する。CCPlayer.jpg

上の図は、PESOモデルを基盤にしたCC世界のプレーヤーの枠組みを示している。順に見ていく。

「PESOモデルで見たCC Landscape」続きを読む

間違えないPESOモデルの理解

PESOモデルの正しい理解

広報会議2017年10月号No.105,19ページでGini Dietrichのblogエントリー「PR Pros Must Embrace the PESO Model 」を参照して、四つのMedia の特性を示したしたの図をあげているが、一部に原典とは大きく違った理解があるので、指摘しておきたい。その相違点は、Shared Mediaが「生活者のSNSやブログ」であると理解しているところである。

広報会議PESO.jpg広報会議2017年10月号から筆者一部加筆
https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/201710/introductory-own-media/011513.php


Gini Dietrich | March 23, 2015 @ SPINSUCKS,

「間違えないPESOモデルの理解」続きを読む

  • entry81ツイート
  • Google+