オンライン関与 (Online Perticipation)

wikipedia:

https://en.wikipedia.org/wiki/Online_participation

オンライン関与は、ウェブ上のユーザとオンラインコミュニティとの間の相互作用を記述するために使用されます。

オンラインコミュニティは、多くの場合、メンバーがウェブサイトにコンテンツを提供する、および/または何らかの方法で貢献することを求めます。

例としては、Wiki、ブログ、オンラインマルチプレイヤーゲーム、およびそのほかのソーシャル・プラットフォームがあります。

オンライン関与は現在重要な研究分野です。また、Webデザイン、オンラインマーケティング、クラウドソーシング、および心理学の多くの分野などへの洞察を提供します。

オンライン関与に該当する一部のサブカテゴリ:

  • オンラインコミュニティへのコミットメント、
  • コーディネーション&相互作用
  • メンバー募集。

「オンライン関与 (Online Perticipation)」続きを読む

アドブロック対策への一つの解答。「米iab LEAN広告プログラム」

アドブロック対策への一つの解答として、米iab(Interactive Advertising bureau)は、2015年10月15日付けで、デジタル広告でのユーザー体験の基準であるLEAN広告プログラムを発表しました。
http://www.iab.com/news/lean/

その、LEAN広告プログラムで提供される広告の4つのポイントを上記ページから翻訳しました。

L.E.A.N.は、軽量でライト、暗号化され、AdChoice準拠、押し付けがましくない広告という意味です。
これらは、世界的なデジタル広告のサプライチェーンのための広告技術基準を次の段階に導くのに役立つ原則です。
L:Light. 軽量。厳格なデータガイドラインに基づく限定的ファイルサイズ。
E: Encrypted. 暗号化。 HTTPS / SSL対応の広告でユーザーのセキュリティを確保。
A: Ad Choices Support.AdChoiceのサポート。すべての広告は、DAA(DIGITAL ADVERTISING ALLIANCE)の消費者プライバシー・プログラムをサポートする必要がある。
N:Non-invasive/Non-disruptive. 押し付けがましくない/流れを分断しない。ユーザー体験を補完し、それを分断破壊しない広告。これは、コンテンツを覆っているようなもの、デフォルトで音が有効になっているものを含む。

この中で、AdChoiceを日本国内では、

「アドブロック対策への一つの解答。「米iab LEAN広告プログラム」」続きを読む

  • entry63ツイート
  • Google+