オンライン関与 (Online Perticipation)

wikipedia:

https://en.wikipedia.org/wiki/Online_participation

オンライン関与は、ウェブ上のユーザとオンラインコミュニティとの間の相互作用を記述するために使用されます。

オンラインコミュニティは、多くの場合、メンバーがウェブサイトにコンテンツを提供する、および/または何らかの方法で貢献することを求めます。

例としては、Wiki、ブログ、オンラインマルチプレイヤーゲーム、およびそのほかのソーシャル・プラットフォームがあります。

オンライン関与は現在重要な研究分野です。また、Webデザイン、オンラインマーケティング、クラウドソーシング、および心理学の多くの分野などへの洞察を提供します。

オンライン関与に該当する一部のサブカテゴリ:

  • オンラインコミュニティへのコミットメント、
  • コーディネーション&相互作用
  • メンバー募集。

オンライン関与の動機
---------------------------------------------------------------------
多くのオンラインコミュニティ(例えばブログ、部屋、電子メーリングリスト、インターネットフォーラム、Imageboards、ウィキチャット)は、知識共有のリソースというだけでなく、流行でもあります。

研究は、オンラインコミュニティにコミットされたメンバーが、活性を維持するには理由があることが示されています。

メンバーが貢献する必要性を感じる限り、コミュニティとメンバーとの間の相互依存があります。

多くの研究者がオンラインでの貢献の背後にあるいくつかの動機付けの要因を提示していますが、これらの理論はすべて内因性および外因性の動機の下に分類することができます。

内因性動機は、タスク自体に個人的な興味や内部の感情によって駆動されるアクションを指します。

一方、外因性の動機は、多くの場合、特定の結果、報酬や認識など、外部要因によって影響されるアクションを指します。

この2種類のモチベーションは、互いに矛盾しますが、多くの場合、継続的な貢献が認められた場合には手に手を取り合います。

いくつかの動機付けの要因がオンラインコミュニティへの参加継続や、忠誠心を導きます。

Peter Kollockはオンラインコミュニティに貢献するための動機を調査しました(Kollock,1999,227ページ)。

貢献者側の利他的なふるまいに頼らない3つの動機づけを概説します

  • 予想された相互関係
  • さらなる認知
  • 有効性の感覚。

マーク・スミスが(コミュニティサイト)WELLの書き込みにあるもう一つの動機に言及しています。

それは社会心理学でいわれているように、バーチャル・コモンズの論理は「交わり」であり、「共同体意識」だということです。

簡単にいえば、それが人々の社会心理学のための人々によって作られていると言うことができます。

オンライン関与と心理学
------------------------------------------------------------------
研究では、自然と、オンラインのソーシャルネットワーキングサイトへの参加のレベルは、参加者の個性と直接的に相関していることを発見しました。

ウィンザー大学心理学科は、論文「Facebook利用に関連する、人格や動機」と「大学生におけるFacebook 利用上の恥じらいの影響」で、この相関関係に関する調査結果を発表しています。

不安、ストレス、または内気が高いレベルで持っている人ほど、対面的社会よりも、インターネットを介した社交に賛成する可能性が高い、と述べています。

そういう人は、対面することなく、他の人と交流するすることができる、チャットルームのような媒体は匿名性の感覚を提供し、他の人との議論に参加したときに、より快適な感覚を与えるためです。

研究はまた、オンラインの参加を増加させるために、貢献者は、ユニークな感じ、便利であり、挑戦的で、具体的な目標を与えなければならないことを示しています。

これらの知見は、"社会的手抜き"と"目標設定"という社会心理学の理論に紐づきます。

社会的手抜きとは、人々がグループに関与しているとき、彼らは十分に貢献せず、他人の仕事に依存する傾向を言います。

目標設定は、幅広いまたは一般的な問題よりも、特定の目標を与えられた場合、人々が懸命に働くだろうことを示す理論です。

しかし、他の社会心理学の理論は、オンライン関与を支援するために反証されています。

例えば、ある研究では、ユーザーが個人的なものよりオンライングループのプロジェクトに多くを貢献することを見出しました。

また、みんなの貢献度が同じである場合、ユーザーは楽しむが、オンラインコミュニティ内の類似性の感覚を求めています。

コミュニティの他のメンバーとの類似点を見つけることは、より多くの新しいユーザーに参加を奨励し、コミュニティ内でよりアクティブになります。

だから、新しいユーザーが、すでにコミュニティに参加している同様のユーザーを検索し、認識できる必要があります。

また、オンラインコミュニティは、ユーザーへの貢献を可視化し、それらがユニークで有用であることを説得するために、任意のユーザーによって行われた貢献度を分析し、定量化する方法を与える必要があります。

しかし、オンライン関与のバックにある、心理的な動機は、今も研究されています。

オンライン関与と社会学
-------------------------------------------------------------------
研究によって、社会経済的地位、性別、年齢などの社会的特性は、オンライン関与に対するユーザーの傾向に影響を与えることが示されています。

デジタルデバイドの社会学的研究において、関与格差を示しています。

年齢は、オンライン関与の最強の人口統計的予測因子であり、性別はオンライン関与の形を区別するものです。

社会経済的地位の効果は、(部分的に)オンラインスキルや自己効力感を通したすべての研究で強いものだと判明していません。(また、オンライン関与に関する既存の社会科学の研究は、政治面に大きく焦点を当てており、教育、健康や文化的な参加など、他の分野、を無視しています。

オンライン関与は、次のようなソーシャルウェブの異なるシステムに関連しています
-----------------------------------------------------------------------

  • blog
  • micro-blog
  • オンラインデートサービス
  • ソーシャルブックマーク
  • ソーシャルネットワークサービス
  • 仮想世界
  • ウィキ
  • entry64ツイート
  • Google+

PageTop