「2012年(平成24年)日本の広告費」で見えた広告業界の大変革のきざし。

電通発表の2012年日本の広告宣伝費は、各メディアで取り上げられているので、詳細をここに表記する必要はありません。
総額は5年ぶりにプラスになり、2010年の総額を越えた事は喜ばしいことです。媒体別を見てもマスメディア(ネット含む)ではラジオ(99.9%、前年比:以下同)を除けば全媒体プラス。プロモーションメディア全8項目のうちでも、フリーペーパー・フリーマガジン(92.8%)、電話帳(88.2%)以外はすべて伸びました。

「「2012年(平成24年)日本の広告費」で見えた広告業界の大変革のきざし。」続きを読む

  • entry46ツイート
  • Google+